思春期と同じ方法では大人ニキビは悪化するの?

思春期と成人してからでは、原因やケア方法が違います。
そのため、大人ニキビを思春期と同じ方法でケアしていても解決は難しいのです。
それだけではなく、逆に悪化するケースもあります。

思春期のニキビは過剰な皮脂分泌が原因です。
思春期には成長ホルモンが活発に分泌されますが、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなります。
過剰に分泌された皮脂によって毛穴がつまり、アクネ菌が繁殖します。
皮脂分泌が多いTゾーンにできやすいことが特徴です。

大人のニキビの原因は、ストレス、睡眠不足、偏った食事、ホルモンバランスの乱れなどさまざまです。
人それぞれ原因は違いますが、ターンオーバーが乱れることが共通しています。
ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積して毛穴の出口が狭くなり、皮脂がたまります。
Uゾーンや頬にできる傾向があります。

思春期は、過剰な皮脂を取り除くために洗顔が大切です。
しかし、成人の場合は、過剰に洗顔をすると乾燥を招いて悪化させます。

大人ニキビは保湿をして乾燥を防ぐことが大切です。
必要なのは、洗顔料ではなく、保湿のための化粧水です。
乾燥すると肌を守るために角質が肥厚してしまうので、保湿をして肌の状態を整えましょう。
また、ストレスや不規則な生活なども原因なので、生活習慣の見直しも必要です。

参考:「大人ニキビ 洗顔料